外国為替が取引される場所は?/相対取引とは?

外国為替はどこで取引されているのですか?@

株式というのは、
証券取引所で取引されていますが、
それでは外国為替はどこで取引されているのでしょうか?

 

一般的には、建物としての外国為替取引所での取引
というのは行われていません※。

外国為替はどこで取引されているのですか?A

よくテレビのニュースなどで、
ディーラーが紙をやりとりしている光景が映し出されていますが、

 

あれは、銀行のディーリングルームや
外国為替仲介業者(為替ブローカー)の一室であって、
取引所ではありません。

 

では、外国為替は、どうやって取引されているのでしょうか?

 

実は、外国為替の場合は、
相対取引(あいたいとりひき)で行われています。

 

※2005年7月からは、
東京金融先物取引所で取引ができるようになっています。

 

【スポンサーリンク】

相対取引とはどのような取引ですか?

相対取引というのは、
わかりやすく言うと、
通貨を売りたい人と買いたい人が
直接やり取りを行う方法のことをいいます。

 

ちなみに、そのやり取りの際には、
電話回線やコンピュータ回線が使用されます。

 

このため、FXは
「テレフォン・マーケット」とか「スクリーン・マーケット」
などと呼ばれています。

 

FXの場合、
一箇所に注文が集まる場所というのはないのですが、
実際には、これらの回線網が
外国通貨に関する取引を行う市場ということになります。

FXの為替レートはどうなるのですか?

外国為替取引は、株取引とは異なり、
基本的には、
「相対取引」で行われます。

 

なので、為替レート(相場)も
FX業者ごとに違うことになります。

対顧客市場とはどのような市場ですか?

対顧客市場というのは、
銀行と顧客が取引する市場のことです。

 

対顧客市場における為替レートは、
毎日、午前10時頃のインターバンク市場における
為替レートを参考にして決定されます。

 

ちなみに、対顧客市場での取引レートは、
TTSとTTBで表されます。

 

【スポンサーリンク】