2WAYプライス、ビッド(bid)・アスク(ask)とは?

2WAYプライスとは?@

為替レートというのは、新聞やテレビでは、
次のように表示されますが、
この表示のことを2WAYプライスといいます。

 

⇒ 100.43−100.45 ドル/円為替レート

 

この2WAYプライスの表示では、
左側の100.43円がビッド(買値)、
右側の100.45円がアスク(売値)と読みます。

2WAYプライスとは?A

これは、
110.43円なら、ドルを買いたい人がいて、
100.45円なら、ドルを売りたい人がいる
ということを意味しています。

 

ただし、これは
FX会社(銀行)側から見た場合なので、

 

投資家側からすると、
ドルを売りたい場合には、左側の100.43円が、
逆に、
ドルを買いたい場合には、右側の100.45円が
適用されることになります。

 

つまり、あなたが売買する際には、
「左側の安い方の値段(ビッド)で売れる」
「右側の高い方の値段(アスク)で買える」
と覚えておくとよいと思います。

 

ちなみに、それぞれ買い気配(値)、
売り気配(値)と呼ばれることもあります。

 

また、ビッドとアスクの差額のことをスプレッドといいます。

ビッド(bid)・アスク(ask)とは?

ビッドというのは、
銀行側の買値のことで、
顧客が通貨を売ることができる値段のことをいいます。

 

一方、アスクというのは、
銀行側の売値のことで、
顧客が通貨を買うことができる値段のことをいいます。

売値・買値とは?

ビッド(買値)・アスク(売値)というのは、
為替業者(銀行)側から見たものです。

 

よって、投資家側は、
ビッドで売り、アスクで買うことになります。

 

【スポンサーリンク】