ペイオフの解禁とは?/金融ビッグバンとは?

ペイオフの解禁とは?

ペイオフ(預金保険制度)というのは、
2005年4月に全面解禁された制度のことです。

 

この制度のもとで、金融機関が破綻した場合には、
その金融機関に開設された預金口座については、
一定の金額※までしか払戻しが保証されなくなりました。

 

※ほとんどの種類の預金が1,000万円とその利息までです。

ペイオフ解禁の前後でどう変わったのですか?

ペイオフ解禁の前後で、次のように変わりました。

 

<ペイオフ解禁前>
預金保険制度の対象になる金融機関に預け入れてある金融商品は、
全額保護されていました。

 

<ペイオフ解禁後(2005年4月〜)>
■普通預金、定期預金など
・元本1,000万円までとその利息までしか保護されません。

 

■決済用預金(無利息の普通預金、当座預金)
・全額保護されます。

 

■日本に本店を有しない外国の銀行の在日支店(シティバンク等)
・保護の対象外です。

 

【スポンサーリンク】

ペイオフとは何ですか?

ペイオフというのは、
金融機関が破綻した場合に、
その機関に開設された預金口座については、

 

ある一定の金額までしか
払戻しが保証されない制度のことをいいます。

金融ビッグバンとは?

金融ビッグバンというのは、
金融システム等の抜本的改革のことです。

 

ちなみに、日本版ビッグバンというのは、
1996年に英国のビッグバンをモデルとして、
日本で行われた金融制度改革のことをいいます。

 

金融ビッグバンによって、
銀行、証券、保険の相互参入が促進され、
消費者のニーズにマッチした
様々な商品の提供が可能になりました。

 

しかしながら、その反面、悪質業者もあらわれ、
消費者センターには多くの被害が寄せられています。

 

なお、こうした状況については、
急ピッチで法改正が進められています。

 

【スポンサーリンク】