米ドル下落の要因は?/為替相場は思惑で動くとは?

米ドル下落の要因は?@

通常ですと、米ドルは米国内の事情、
ユーロはユーロ圏の事情、

 

日本円の動きには、日本の政治経済の事情や、
天候事情等が影響します。

 

しかしながら、いつもそうなるわけではありません。

米ドル下落の要因は?A

例えば、2008年7月11日に、
為替市場では、ドル/円がわずか3時間ほどの間に、
およそ1円も下落しました。

 

この原因となったのは、イスラエルのイラン攻撃です。

 

どうもその数日前に、
イラン側がイスラエルに向けて、
ミサイルを数発試射していたので、
それを牽制するのがイスラエル側の狙いだったようです。

 

では、なぜ、米ドルが、
アメリカとは遠くはなれた、
イスラエルとイランの紛争をきっかけにして
売られたのでしょうか。?

 

これはもちろん、
一般的な地学的リスクの高まりということもありますが、
その最も大きな理由は、
イスラエルがアメリカの同盟国だからです。

 

つまり、同盟国が敵国から攻撃されるのを
だまって見ているわけにはいかないので、
アメリカもイランを攻撃する可能性が高まると考えられたのです。

 

そうなると、アメリカの軍事予算が膨張する可能性が高まり、
ひいては、アメリカの財政赤字が増大し、
最終的には、アメリカの景気にも悪影響を及ぼしかねない
との懸念が広がったのです。

 

このようなアメリカにまつわる思惑が、
複合的に投資家心理に影響を与えて、
米ドルが売られることとなったのです。

 

【スポンサーリンク】

為替相場は思惑で動くとは?

為替相場は思惑で動くといっても過言ではありません。

 

イランとイスラエルの紛争を起因として、
米ドルが売られるというような、
国と国との緊張関係を背景に、
特定の通貨が売られることなどはよくあることです。

 

さらにテロ懸念も、
テロ発生国と関係する国の通貨にとっては
弱気材料となります。

 

例えば、イラクでテロが起きた際には、
今度は、米国本土でテロが起きるかもしれないとの懸念から、
米ドル売りが活発になることも少なくありません。

 

また、2005年7月に
英国のロンドンで同時テロが起きた際には、
米国でのテロが連想され、ドル安に進んだことがありました。

 

そして、日本がイラクに自衛隊を派遣した後は、
次は日本でテロが起きるかもしれないとの思惑から、
円安に進むこともあったのです。

 

このように、FXでは、
ポジションを持っている通貨以外の国の情勢が、
為替相場に影響することもありますから、

 

お互いに影響を与える国の情勢についても
チェックするようにしておきましょう。

 

【スポンサーリンク】