キャリートレードとヘッジファンド

キャリートレードとは?@

キャリートレードというのは、
一般的には、
金利の低い通貨を売って資金調達を行い、
金利の高い通貨で資産運用をすることをいいます。

 

例えば、日本円を売って米ドルを買ったり、
米国の株や債券などの
ドル建て金融商品で運用することです。

キャリートレードとは?A

ただし、スワップポイント狙いの取引は、
日本の低金利を利用する
効果的な手法であるものの、

 

為替差損が大きくなれば、
スワップポイントでは
到底埋められないこともありますので、
注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドというのは、
少数の投資家から大規模な資金を集めて運用する
投資団体のことをいいます。

 

このヘッジファンドは、
もともと相場動向を見ながら、

 

売りからも買いからも
収益を上げることを目指しているので、
このように呼ばれています。

 

ちなみに、
ヘッジとは「回避する」という意味で、
この場合は、
為替等の変動リスクを回避することを指しています。

スワップポイントとは?

スワップ(Swap)というのは「交換」の意味で、
スワップポイントとは、
通貨を交換する際に発生する金利差のことをいいます。

 

【スポンサーリンク】

キャリートレードとヘッジファンド

キャリートレードというのは、
金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買って
資産運用することをいいますが、

 

この投資手法は、
日本人投資家だけでなく、
海外のヘッジファンドなども用いています。

 

2006年7月のゼロ金利解除後も、
日本の政策金利は、他国と比べると
依然として非常に低金利ですので、

 

キャリートレードという手法も
一定の効果は期待できると考えられます。

 

しかしながら、為替相場が
急激に不利な方向に動いた場合には、

 

スワップポイントでは相殺できないほどの
為替差損が生じるリスクもありますので、
注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】