顧客の資産管理と信託保全/スプレッド、取引手数料...

顧客の資産管理とは?@

金融商品取引法では、
FX業者は、
顧客から預った証拠金等の顧客の資産は、

 

会社の資産とは分離して保管(分離保管)し、
管理することが義務付けられています。

顧客の資産管理とは?A

つまり、
FX業者が顧客から預っている証拠金というのは、
顧客から返金を求められたら、

 

評価損や手数料等を差し引いて、
直ちに返還する義務があるということです。

 

これにより、万が一、FX業者が倒産したとしても、
顧客の資産は保全されることになります。

 

しかしながら、
金融庁の登録業者であっても、
中にはこの条件が守られていないケースもあるようです。

 

このような業者の場合は、
倒産した際に、自分の大切な資産が
戻ってこない可能性がありますので注意が必要です。

 

【スポンサーリンク】

信託保全とは?

信託保全というのは、
分離保管した顧客の資産を、
信託銀行などの
信頼できる第三者に預けることをいいます。

 

顧客の資産が信託保全されていれば、
もしFX業者の経営が苦しくなったとしても、
顧客のお金に手をつける心配はありません。

 

よって、FX業者を選択する際には、
分離保管だけでなく、
信託保全までしっかり行っている業者を選んだ方が
無難といえます。

スプレッドとは?

スプレッドというのは、
ビッド(買値)とアスク(売値)の価格差のことをいいます。

 

このスプレッドは、
通貨ペアやFX会社によっても異なります。

 

なお、「取引手数料ゼロ」
などとうたっているFX会社であっても、

 

実はスプレッドを広げて
隠れた手数料としているケースもありますので、
注意が必要です。

取引手数料とは?

取引手数料というのは、
1回の取引ごとに
FX会社に支払う手数料のことをいいます。

 

ちなみに、デイトレードの場合は、
手数料が無料、
あるいは通常の取引よりも
安く設定しているFX会社もあります。

 

【スポンサーリンク】