損失限定・利益確保の逆指値注文とは?/スリッページとは?

損失を限定させる逆指値注文とは?@

逆指値注文というのは、
損切りの金額を、
あらかじめ想定して決めておく手法です。

 

逆指値注文なら、思惑と反対に動いたときに、
「損失はここまでにしておこう」
という値段をあらかじめ決めておくことができます。

損失を限定させる逆指値注文とは?A

例えば、1ドル=100円でドルを買って、
99円で売るという注文を出すとします。

 

このような注文を出しておけば、
思惑通りに相場が動かない場合には、
損失を最小限に抑えることができます。

 

損失が少なければ、すぐに体勢を建て直して、
次の売買に備えることが可能です。

 

逆指値注文を上手く利用して、
上手に損切りしていきたいところです。

 

【スポンサーリンク】

利益確保の逆指値注文とは?

自分の思惑通りに相場が動いた場合は、
逆指値注文の値段を上げていくことによって、
利益確保に利用することも可能です。

 

例えば、ドル高を予測して1ドル=100円でドルを買い、
99円で売るという注文を出していたとして、

 

思惑通りに1ドル=102円までドル高になれば、
99円で出していた逆指値注文を101円70銭など、
現在の値段の少し安い金額に設定し直すことで、
利益を確保することができます。

スリッページとは?

スリッページというのは、
成行注文や逆指値注文を行った時に生じることがある、
注文レートと約定レートとの差のことをいいます。

 

一般的には、
スリッページの幅は、1〜5銭程度となることが多く、
一般に指定したレートより
安く売る、または高く買うことになります。

 

ちなみに、相場が乱高下しているときは、
スリッページも大きくなりやすいです。

 

【スポンサーリンク】