ペッグ制、レンジ、天井・底値、行って来い、為替レート(表示)、ディーラー用語...

ペッグ制とは?

ペッグ制というのは、
自国の通貨を他の特定の通貨、
例えば米国のドルと連動させ、
為替レートを一定の値に固定する制度のことです。

 

なお、連動していない
その他の通貨との為替レートは変動します。

レンジとは?

レンジというのは、ある一定期間、
高値と安値が一定の値幅内で
上下動を繰り返している場合に、
その値幅のことをいいます。

 

また、レンジは、
ボックス圏内といわれることもあります。

 

なお、一定の値幅内で
上下している値動きのことを「レンジ相場」といいます。

 

【スポンサーリンク】

天井とは?

天井とういのは、
最高値ともいいますが、

 

上昇基調が続いた後、
値段が上がりきって、
下落に転じる前の水準のことをいいます。

底値とは?

底値というのは、
最安値ともいいますが、

 

下落基調が続いた後、
値段が下がりきって、
上昇に転じる前の水準のことをいいます。

行って来いとは?

行って来いというのは、
相場がいったん上下した後、
何らかの理由で反転して、
結局は元の水準に戻ってしまうことをいいます。

為替レート(表示)とは?

為替レート(表示)は、
FX業者によっては、取引レートとも呼ばれています。

 

為替レート(表示)というのは、
各通貨の2WAYプライスのリアルタイム表示のことです。

ディーラー用語とは?

ディーラー用語というのは、
為替ディーラーが取引で用いる用語のことです。

 

ダン(done:取引成立)、マイン(mine:買った)、
ユアーズ(yours:売った)などがあります。

 

【スポンサーリンク】