円高・円安の捉え方・混乱する理由は?

円高・円安の捉え方は?@

FXを始めるときに、最初に戸惑うことの1つが、
この円高・円安の捉え方ではないでしょうか?

 

テレビやインターネットのニュースなどで、
「ドル円は、前日の1ドル=105円から1円円高の1ドル=104円で推移しています」
などと伝えられることがあると思います。

 

このとき、105円から104円に円は小さくなったのに、
なぜ円高というのでしょうか?

円高・円安の捉え方は?A

これが理解できないと、FXを実際に始めたときに、
的確な売買注文が出せませんので、
ここでしっかり理解しておくようにしましょう。

 

例えば、今、1ドルのハンバーガーを買うとします。

 

(1)1ドル=120円の時
・このとき、1ドルのハンバーガーを買うためには、
日本円が120円必要になります。

 

(2)1ドル=100円の時
・このとき、1ドルのハンバーガーを買うためには、
日本円が100円必要になります。

 

これは、(1)のときより20円すくなくてすんでいます。

 

よって、(2)のほうは、(1)よりも少ない日本円でハンバーガーが買える、
つまり、円の価値が高い(円高)ということになるのです。

 

スポンサーリンク

なぜ円高・円安で混乱するのでしょうか?

円高・円安で混乱するのは、
ドルが基軸通貨ということもありますが、

 

外国為替市場では、
基本的にドルと円の通貨ペアの場合、
ドルを基準として相場が捉えられるからです。

 

つまり、ドルを基準に考えると、
1ドル=100円と1ドル=120円では、
1ドル120円のほうが、「ドル高」
ということになるのでわかりやすいのです。

 

なので、ドル/円の場合には、どっちが円高なの?
と迷ってしまった場合には、
どっちがドル安なのかということを考えれば、
答えがでてくると思います。

 

■円高=ドル安
■円安=ドル高

 

と覚えておくとようにしましょう。

 

ちなみに、この原理は、
他の通貨と日本円との関係でも同じです。

 

例えば、ユーロ/円の場合は、次のようになります。

 

■円高=ユーロ安
■円安=ユーロ高

 

スポンサーリンク