ロング・ショート、ポジション、強気・弱気、ブル・ベアとは?

ロング・ショートとは?@

為替や証券などでは、
ロングは「買い」、ショートは「売り」という意味で用います。

 

また、ポジションというのは、
状態を意味していて、
建玉(たてぎょく)※という意味もあります。

 

なので、ドルのロングポジションといった場合には、
ドルを買って持っている状態ということになります。

ロング・ショートとは?A

そして、実際には、
ドルのロングポジションを保有しているなどといいます。

 

ちなみに、新規に売買することを
「ポジションを建てる」
といいます。

 

※注文を入れて成立している状態のことです。

 

スポンサーリンク

ポジションとは?

ポジションというのは、
投資家が買い建て、
あるいは売り建てをどれだけ持っているのか
という保有状況のことをいいます。

 

例えば、ドル買いが続くと、
ドルのロングポジションが多くなりますが、
この状態のことを
「ドルのロングポジションが積み上がった」
といいます。

強気・弱気とは?

ドルが強気といった場合には、
ドルが上昇傾向にあるということです。

 

反対に、ドルが弱気といった場合には、
ドルが下落傾向にあるということです。

 

なので、
ドルの強気材料とは、ドルを上昇させるような材料、
つまり、ドル高の要因ということになり、

 

ドルの弱気材料とは、ドルを下落させるような材料、
つまり、ドル安の要因ということになります。

ブル・ベアとは?

ブル(bull)とは強気、ベア(bear)とは弱気のことをいいます。

 

ブルには牛という意味もありますが、
牛は敵を攻撃する時に、頭を下げて、
ガンッと攻撃対象に向かって角を突き上げます。

 

また、ベアには熊という意味もありますが、
熊は攻撃時に大きな両手を振りかざし、
攻撃対象に向かって勢いよく打ち下ろします。

 

つまり、ブル(強気)とベア(弱気)というのは、
牛と熊の攻撃パターンを相場の値動きになぞらえたわけです。

 

ちなみに、強気をstrong、
弱気をweak とする表現もあります。

 

スポンサーリンク