通貨の略号・通称、サポート・レジスタンス、材料...

通貨の略号・通称@

FXを始めると、まず最初に通貨の略号に
戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

例えば、米ドル=USD(U.S.dollar)、
ユーロ=EUR(Euro)、
英国ポンド=GBP(Great Britain Pound)などです。

通貨の略号・通称A

様々なところで発表される為替レートや、
インターネットの情報などでも、
これらの略号が使用されますので、

 

最低限、
自分がポジションを持っている通貨の略号は、
覚えてしまった方がよいと思います。

 

スポンサーリンク

通貨のニックネームとは?

通貨には、次のように
それぞれニックネームがあります。

 

■米ドル=グリーンバック(greenback)
・ドル紙幣の裏が緑色であることに由来しています。

 

■英ポンド=スターリング(sterling)
・sterling には純銀という意味もあり、英国が銀本位制だったことの名残です。

 

■豪ドル=オージー(Aussie)

 

■ニュージーランドドル=キーウィ(kiwi)
・ニュージーランドの国鳥であるキーウィに由来しています。

 

■日本円=イェン(Yen)

サポート・レジスタンスの意味は?

サポートというのは、買い支える、
つまり、相場が下落局面にあるときに、
意図的に買いをいれ、
下落を食い止めることをいいます。

 

一方、レジスタンスというのは、抵抗線、
つまり、相場がある一定の水準を抜けられなかった場合に、
その水準のことをいいます。

材料とは?

材料というのは、相場の値動きに影響する
要因や情報のことをいいます。

 

通貨を上昇させるような材料のことを
「支援材料」「強気材料」
通貨を下落させるような材料のことを
「下落材料」「弱気材料」
などといいます。

 

スポンサーリンク