スワップポイントと為替相場との関係は?

スワップポイントとは?@

スワップ(Swap)というのは、
「交換」という意味なのですが、

 

スワップポイントという場合には、
金利の低い通貨を売って、
それよりも金利の高い通貨を買うと受け取れる
金利の差額のことをいいます。

スワップポイントとは?A

また、その金額は、
高い通貨の金利から低い通貨の金利を
差し引いたものとなります。

 

ちなみに、FXでは、
買った通貨の金利については、
1日ごとに受け取ることができますが、

 

反対に、
売った通貨の金利については、
1日ごとに支払わなければなりません。

 

例えば、日本円の金利が1.0%で、
ユーロ圏の金利が5.0%のときに、
円を売ってユーロを買うとします。

 

この場合には、5.0%−1.0%=4.0%
がスワップポイントということになります。

 

なお、
実際に受け取ることができるスワップポイントというのは、
FX会社によっても異なりますので、
各社のホームページなどでチェックするようにしてください。

 

スポンサーリンク

スワップポイントと為替相場との関係は?

スワップポイントは、
為替相場の変動とは
無関係に受け取ることができます。

 

なので、仮に円高が進んで
為替差損が生じた場合でも、
スワップポイントにより
損がある程度相殺されるケースもあります。

スワップポイントを支払う場合とは?

FXでのスワップポイントは、
受け取る場合だけでなく、支払う場合もあります。

 

このスワップポイントを支払う場合というのは、
金利の高い通貨を売って、
金利の安い通貨を買った場合です。

 

これは、
金利の高い通貨を買う場合とは反対で、
金利の高い通貨を売る場合には、
その金利差を支払わなければならなくなるからです。

 

スポンサーリンク