FXの取引時間・活発な時間帯は?

FXの取引時間は?@

FXには、何時から何時までという
区切りがありません。

 

これは、月曜日にオーストラリアで取引が開始されて、
金曜日にニューヨークの取引が終了するまで
取引が続けられる、

 

つまり、時差の関係で、主に取引が行われる国が
次々に移動していくからです。

FXの取引時間は?A

よって、投資家は、
24時間いつでも取引に参加することができるのですが、
これは、非常に便利なことだといえます。

 

また、24時間取引に参加できるということは、
売買のタイミングを逃さずに済みます。

 

スポンサーリンク

ライフスタイルに合わせたFX投資とは?

会社員の場合でしたら、
帰宅後にじっくり取り組むことができますし、
主婦の方でしたら、
日中取引することも可能です。

 

このように、FXは、ライフスタイルに合わせた
取引ができるのが魅力です。

東京時間、ニューヨーク時間というのは?

東京時間とか欧州時間、ニューヨーク時間
というように呼ぶのは、

 

東京で取引が一番活発な時間帯、
欧州時間・ニューヨーク時間で取引が一番活発な時間帯
という意味で、
便宜的にそう呼んでいるだけです。

 

スポンサーリンク

FXの活発な時間帯は?

FXでは、重要指標の発表を待って、
売買がしかけられることが少なくありません。

 

特に米国の重要指標が発表される時間帯は、
取引が集中します。

 

具体的には、日本時間の
午後10時頃〜午前1時くらいまでの時間帯が
もっとも活発に取引が行われます。

 

また、どちらかといえば、
東京時間以降の欧州時間、ニューヨーク時間に
大きく値が動くことが多いのですが、

 

これは、この時間帯が、1日のなかで
ひとつの節目を迎える時間帯でもあるから
ということがいえます。

 

なお、FXでよく言われる
「上値を(下値)を試す展開」
というのも、
比較的この時間帯に見られることが多いです。

 

よって、FXでは、
深夜に大きく動く可能性が高いので、
時間帯ごとの値動きを見ておくと、
有利な取引をすることも可能になります。

 

スポンサーリンク