差金決済の利益の出し方は?/外為法の改正とは?

差金決済で利益を出すには?@

為替だけでなく、差金決済取引では、
「安く買って、高く売る」
または
「高く売って、安く買う」
ことによって利益を出すことができます。

差金決済で利益を出すには?A

これは、ドルの方から見れば、
「ドルが高い時に売って、ドルが安いときに買う」
ということですが、円の方から見れば、
「円が安い時に買って、円が高い時に売る」
ということです。

 

ちなみに、
このドル売りからでも取引が始められるということは、
FXが外貨預金と大きく違う点です。

 

つまり、FXの場合には、
取引するポイントさえ間違わなければ、
円安になろうが、円高になろうが、
利益を得ることができるということです。

 

ただし、
ドル売りのポジションを建てるというような、
金利の高い通貨を売って、
金利の安い通貨を買う場合には、

 

スワップポイントを支払うことになりますので、
注意が必要になります。

 

スポンサーリンク

差金決済(取引)とは?

差金決済というのは、
現金の受け渡しをせずに、
反対売買の差金のみで決済することをいいます。

 

FXや商品先物は、
この差金決済方式で取引が行われます。

 

なお、株の現物取引では、
原則として
差金決済は禁止されています。

外為法の改正とは?

外為法の改正は、
金融ビッグバンの一環として行われたものです。

 

この外為法の改正によって、
外国為替業務の自由化が図られ、
それとともに銀行以外の一般企や個人でも、
外貨に関する取引が自由にできるようになったのです。

 

そして、当時、FXに関しては、
急激に自由化が進んだこともあり、

 

取り締まる法律もあいまいで、
専門の監督省庁も決まっておらず、
結果的に、
多くの悪徳業者があらわれるようになりました。

 

その後、政府はこれらの悪徳業者の撲滅のため、
強い態度で法改正や取締りを強化しています。

 

その結果、自己資本規制比率を満たしていない
多くの外為業者が排除されるなど、
業界再編がかなり進みました。

 

スポンサーリンク