FXは外貨預金より取引手数料が安い?/スプレッドという手数料

FXは外貨預金より取引手数料が安い?@

FXは、
取引手数料が安いのも魅力です。

 

外貨預金では、一般的に
取引ごとに1ドル当たり1円※の取引手数料がかかります。

 

取引ごとなので、銀行口座に預ける時に1円、
引き出す時にも1円、往復で合計2円がかかります。

FXは外貨預金より取引手数料が安い?A

例えば、1ドル=100円のときに
1万円をドル預金するとします。

 

まず、1万円をドルに交換しますと
100ドル(1万円÷100円=100ドル)になりますが、

 

ここで1ドル当たり1円の手数料がかかりますので、
1万円(100ドル)につき100円差し引かれ、
99ドル預金することになります。

 

その99ドルを引き出すとに、1ドル=103円になっていれば、
10,094円(98ドル×103円)と94円の利益になります。

 

ここで気づいてほしいのは、
3円もドル高になったのに、
わずか94円しか利益にならないということです。

 

逆に言えば、2円を超えるドル高になっていないと、
元本割れしてしまうのです。

 

ちなみに、一気に3円もドル高になることは
それほど多くありません。

 

つまり、外貨預金では、
多少ドル高になったくらいでは利益は出にくいのです。

 

一方、FXの手数料は、
1ドル当たり10銭程度のところが多いようですから、

 

例えばドルを買って、
20銭以上のドル高になったところでドルを売れば、
利益を確保できます。

 

※銀行や金融商品によって異なります。

 

スポンサーリンク

スプレッドという手数料

FXの手数料について、FX会社を比較する際には、
スプレッドに注意したいところです。

 

スプレッドというのは、
ビッド(買値)とアスク(売値)の差のことですが、
当然、スプレッドが小さいほど、
顧客にとっては有利になります。

 

逆に、スプレッドが大きいと
顧客にとっては不利になります。

 

例えば、次のレートで1ドルを買うことを考えます。

 

■A会社 
⇒ 100円(ビッド)−105円(アスク):スプレッド5円

 

■B会社 
⇒ 100円(ビッド)−110円(アスク):スプレッド10円

 

1ドルをA会社から105円で買った人は、
それを100円で買い戻してもらえます。

 

しかし、B会社から110円で買った人も、
同じ100円でしか買い戻してもらえません。

 

つまり、B会社の方が
余計に手数料を取っているということです。

 

よって、スプレッドの小さい方が、顧客にとっては有利になりのです。

 

FXは取引手数料が安いのが魅力ですが、
たとえ取引手数料が安くても、スプレッドが大きいと、
トータルでは、取引コストが高くつきますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク