BRICs(ブリックス)、VISTA、ネクスト11とは?

BRICs(ブリックス)とは?@

BRICs(ブリックス)というのは、
ブラジル(Brazil)、ロシア(Russia)、インド(India)、中国(China)
の頭文字を取ったものです。

 

ゴールドマンサックスの2050年の予想GDP比較によると、
次のような順位になっています。

BRICs(ブリックス)とは?A

■1位 ⇒ 中国
■2位 ⇒ 米国
■3位 ⇒ インド
■4位 ⇒ ロシア、ブラジル、日本

 

これらの国々が、製造業等の発展により
驚異的な伸びを見せていることはもとより、
その魅力は何といっても、資源の豊富さにあります。

 

ちなみに、石油生産量は世界の27.5%、
鉄鉱石は世界の57.4%を占めています。

 

これにより、現在では、株式はもちろん、
ファンドなどを通じたBRICs投資が活発化しつつあります。

 

スポンサーリンク

VISTAとは?

VISTAというのは、BRICsに続いて
高成長が期待できる有力な新興国である、

 

ベトナム(Vietnam)、インドネシア(Indonesia)、南アフリカ(South Africa)、
トルコ(Turkey)、アルゼンチン(Argentina)
の英語の頭文字をつないだ造語のことです。

 

このVISTAは、BRICs経済研究所代表の
門倉貴史氏の発案によるものです。

ネクスト11とは?

ネクスト11というのは、
政治情勢や人口の伸び率、教育水準などから、

 

先進諸国と比較して
長期的な成長余力が大きいと考えられる
11カ国の総称のことです。

 

このネクスト11は、BRICsの国々に続く
有望な投資先として注目されていますが、
具体的には、次の11か国です。

 

■イラン 
■インドネシア 
■エジプト 
■韓国 
■トルコ
■ナイジェリア 
■バングラディシュ 
■パキスタン
■フィリピン 
■ベトナム 
■メキシコ

 

スポンサーリンク