マージンコールとロスカットとは?

マージンコールとは?@

FXや信用取引には、
マージンコールという制度があります。

 

このマージンコールというのは、
預け入れた証拠金が
業者の定めた水準を割り込んだ場合に、
追加証拠金(追証)の入金が要請されることをいいます。

マージンコールとは?A

ただし、
追加証拠金を入金しないで、
手持ちのポジションを決済し、

 

証拠金の割合を
業者の定めた水準に戻す処理を要請されることも
マージンコールと呼ばれています。

 

スポンサーリンク

マージンコールの仕組みは?

FXでは、
はじめに預け入れる証拠金は、
担保の役割を果たします。

 

なので、ポジションを持った後、
為替相場が思惑と反対に動いて
為替差損が生じた場合には、
預け入れた証拠金は目減りすることになります。

 

当然、さらに損失が膨らめば、
預け入れた証拠金を割り込むこともあります。

 

そこで、リスクマネジメントの一環として、
マージンコールが発動されるのです。

 

マージンコールは、
FX会社からのメールや取引画面に
マージンコールが発動された旨の表示によって、
顧客に伝えられます。

マージンコールとロスカットとは?

マージンコールというのは、
証拠金に差損益を加算または減算した金額が、

 

ポジションを維持するために
最低限必要な証拠金(維持証拠金)の
50%※を下回ったときに、

 

証拠金を追加するか、
あるいはポジションを減らすことにより、
維持証拠金の割合を
50%以上に回復しなければならないというものです。

 

また、ロスカットというのは、
損失を承知で決済することをいいます。

 

※マージンコールやロスカットが発生する維持証拠金率というのは、
FX会社によって異なります。

 

スポンサーリンク